ページのトップへ移動

個別記事

他人の名義で中古物件を購入するリスク

オーストラリアには規制があり一般的に外国人は中古の住居不動産を購入することが出来ません。購入出来ないとなると何とかして購入できる方法はないものかと考えるが人情。あの手この手はないかと色々と相談をうけることがありますが、その中にオーストラリアに在住している友人、知人の名義を借りて購入できないかという相談があります。実際に他人の名義を借りて購入している方もいるようですが私はそれは辞めた方がよいとはっきりと伝えます。名義を借りたつもりでも実質上は「あげた」という可能性があり仮に将来その方とトラブった場合取り返す事が困難になると想像出来るからです。裁判沙汰になった際に「何故その方の名義で購入したの?」と裁判官から問われたらどう答えるのでしょうか?
その方と人間関係が上手く行ったとしても仮にその方が突然亡くなったらどうするのでしょうか?その方の名義なのでその方の家族の相続財産とみなされる可能性もあります。
というようにいろいろとリスクがあります。そのようなリスクを負ってまで中古物件の購入に固執する必要があるのかな?と考えてしまいます。
で、私が名義貸しを頼まれたらどうする。。どうしよっかな~。。うけちゃおうかな(笑)。

img_suna_17sep15.jpg