ページのトップへ移動

個別記事

法改正が狙い目!超中古コンドミニアムが大化けする日?

ゴールドコーストには古いコンドミニアムが沢山ある。中には市内の一等地やビーチフロントに面したコンドミニアムも。私は長く寝かせられる資金があれば一等地、或はオーシャンフロントに立地する超古いコンドミニアムを買った方がよいと勧める事がある。何故か?実はクィーンズランド州の現行の区分所有法では立て替え等をする場合には100%の議決権が集まらなければならず(簡単にいうと区分所有者全員の同意)、権利意識の高いオーストラリアではそれはほぼ不可能で(私もそれで一度痛い目に会った)、それも一因となり超古いコンドミニアムは安く市場にでることがある。不動産市況が悪い時にはかなり安く買う事もできる。昔の建築基準法で建てた古いコンドミニアムは何れは取り壊し、或は立て替えが必要だけれど現行の法律の下ではなかなか厳しい。ただ「仮に」法律が改正になり取り壊しが可能になったら???えらい事になります。用途、高さ制限、建ぺい率、容積率等開発行為に関連する法律は昔に比べると格段に条件が良くなっており、一等地にある超古いコンドミニアムの価値は倍ではすまないはず。。。それで、なんとこの予測が的中する可能性がでてきました。今朝の新聞で75%の同意があれば建物の取り壊しも可能になるように法律を制定するような記事が報じられていました!慌てて過去に興味津々でみていた中古物件の情報をみたら全てsoldのマークが。。。。。「やっぱり賢い投資家はもう買いあさっているかも」と勘ぐってしまう。。。どうせ買えなかったけれど、凄く損をした気持ちでいます。

写真はゴールドコーストで初めて建ったコンドミニアムの写真です。ゴールドコーストコーストの歴史的遺産に登録されています。

img_suna_29jun15_01.jpg  
 

ついでに昔と今のブロードビーチ近辺の写真もご覧下さい。

img_suna_29jun15_02.jpg  
【今のブロードビーチ】  
img_suna_29jun15_03.jpg  
【昔のブロードビーチ】