ページのトップへ移動

過去の記事

:2015年

クリック&コレクト

先日ゴールドコーストハイウエイを運転してて前に車についてShellガソリンスタンドの前でたまたま停車。ふとガソリンスタンドの横を見るとこんな感じのロッカーが見えました。え?なに?コールスのロッカー?と思っているうちに前の車は進行したのでCOOも走行。気になったので家に帰って調べてみたらなんとオンラインショッピングした商品をそのロッカーで受け取れるという仕組み。このロッカーはきちんと温度調節もされているようで、クール商品にも対応出来るそうです。COOはそんなに忙しい人ではないので利用するかどうかは??だったけれど一応オンライン登録してみました。忙しくて帰りが遅くなる人などにとっては便利なサービスだと思います。
※※クリック&コレクト(Click&collect)の詳細はこちらから

img_coo_24dec15.jpg
 

クリスマス、年末年始休業日のお知らせ

いよいよ明日はクリスマス!!この1年もあっという間でした。

さて、ワイドエステートのクリスマス、年末年始の休業日はオーストラリアの祝日である12月25日(金)(クリスマス)、28日(月)(ボクシングデー振替休日)、1月1日(金)(正月)となります。

皆さん、素敵なクリスマスを!

img_chiritmas_16dec15.jpg
 

ゴールドコーストのチャイナタウン

ちょっと車の調子が悪かったのでたまにはとバスとトラムで通勤。トラムが通る前までは乗り換えなしのバス1本で会社まで行けたのに、今はサウスポートで降ろされそこからはトラムで行くようになります。(トラムGlinkのサイトhttp://ridetheg.com.au/)乗り換えのサウスポート駅周辺にはゴールドコースト初のチャイナタウンが誕生。孔子の銅像もあります。チャイナタウンと言ってもまだまだ小さいのですが、それでも少しづつ中国っぽいお店も出現して来ています。回りにTAFEや語学学校も多いのでアジア人の数も非常に増えて来ています。トラムのサウスポート駅前にも新しいレストランがいくつかオープンしてました。日本食レストランっぽい「ichi」 そしてその隣に「Happy Dumpling House」。このところ日本食は地元でも超人気!そしてダンプリング(餃子などの皮包の団子)はすしロールについでオージーにとっても人気な食べ物になってます。これからチャイニーズレストランが増えそうです。

img_coo_16dec15_01.jpg img_coo_16dec15_02.jpg
「ichi」   「Happy Dumpling House」

ショッピングカートに気をつけて

COLESのショッピングトロリー(カート)がちょっと変わったことは、皆さん、お気づきですか。
トロリーが公道に置き去りにされ、それが車や人にぶつかったりするとCOLESの責任になることからの対策のようです。
「ここから先にトロリーを持ち出すと車輪のロックがかかります。」という案内はあるのですが、持ち出し禁止エリアでないのに、ちょっとしたガッタンという段差で私は2回もロックがかかってしまい、あたふたしました。車輪を見たのですが簡単にロックは解除できません。
1回目は、荷物はなかったので息子を抱っこしてトロリーをそのまま置いて駐車場までの距離を「はあ、はあ」言いながら歩きました。
2回目は、まさかの事態で結構買物をしたので、トロリーを引きずり、すぐそこに置いてあった少し小さいトロリーに息子と荷物を移動。この事態に驚いた息子はちょっと泣きそうになって、とにかくやれやれでした。
ロックがかかるのはひとつの車輪ですが、本当に思うように動きません。
買物が多くなるこの時期、皆さんも気をつけてご利用ください。

img_cyu_16dec15_01.jpg img_cyu_16dec15_02.jpg
「注意のサイン」   「ロックがかかってしまいました」

シドニーの開発業者は賢い?それとも。。。

この記事を見た時には流石がシドニーらしいな思いました。記事の内容はコンドミニアムの青田売りについて。
こちらではで未完成物件(私たちはオフザプランといいます)を販売する際には引き渡しの期限日を設定する事が通常です。これをサンセットクローズ(期限付き契約のようなもの)といいます。有効期限は物件の規模にもよりますが、3年から5年程。1年のものもあります。
この期限を過ぎると双方何れかの申し出により売買契約の解除ができるというものが一般的です。この条項はどちらかといえば買い主を保護するようなものとして受けとめられがちです。例えば売買契約をした後事業が計画通り上手くいかないとか、開発業者が倒産した場合、期限を決めていないといつまでも買い主は契約の解除ができず、その結果支払った金銭がいつまでも戻ってこないというリスクがあるからです。

ところがシドニーではこの条項を悪用している開発業者がいるようです。何と、故意に工事の計画を見直したり、行程を遅らせたりして物件の引き渡しが出来ない状況を作り、サンセットクローズを適用して契約解除に持ち込むことケースが頻発しているとか。
狙いは勿論、もともと締結していた契約を解除して高く売るためです。オリジナルの契約は3-5年前の価格で契約が締結されているので、価格が高騰しているシドニーでは契約を無しにして新たに売り出せば更に高く売れるという打算です。流石、シドニー凄い、と思いました。ゴールドコーストのような田舎町ではありえないな~、 と何故か感心しました。シドニーで青田買いした方でそろそろ引き渡しが近い方。売買契約にかかれているサンセットクローズを見直す事をお勧めします。

尚、現在このような状況は放置出来ずとしてNSW州が法律の整備をすすめているようです。

img_ryu_25nov15.jpg
 

スパイクヘルメット

オーストラリアにはカラスより一回り位小さくて白×黒の「マグパイ」という鳥がいます。その鳥の子育てシーズンは要注意です。子育てをしている木の周辺を通ろうものならものすごいスピードで攻撃を仕掛けてきます。

img_coo_26nov15_01.jpg
 

COO自身はまだ攻撃された事はないけれどうちの犬はいつも標的になってます。上から犬をめがけて急降下してスレスレのところでパチンという大きな音をたて威嚇し、何度も何度もそれを繰り返します。
ニュースにもなってましたが、小さな子供やサイクリストなどもよく襲われるそうです。その周辺を通らないのが一番なのはわかりますが、そうもいかないのが現実で外出時には帽子とメガネの着用が必要です。ここでは自転車に乗る時にはヘルメット着用が義務となっているのでそのヘルメットにはこんなプラスチック製のスパイクを取り付けています。(荷物を縛ったりする時に使うコードです)これをいっぱいヘルメットにツンツン立たせておけばなかなかマグパイも手出しが出来ないという訳です。特にお子様と一緒の場合にはこれでもかという位ツンツンさせたヘルメットを着用されるのがいいと思います。

img_coo_26nov15_02.jpg
 

COOはロープ(犬のリードで代用)を頭上でグルグル回しながらその周辺を通過します。すると攻撃を仕掛けて来ようとしてもロープにあたりそうになるので途中であきらめて木に停まりジィーと通り過ぎるのを見てます。通り過ぎても追いかけて来て攻撃してくる時もあるので気は抜けません。この頃はだいぶ落ち着いて来ましたが、春~秋にかけての子育てシーズンには十分注意しましょう。

オーストラリアで見れる子供番組

オーストラリアではABC KIDSチャンネルで子供番組がたくさん見られます。ホームページでも番組の動画が見れるので、放送時間帯に見れない場合は、是非、どんな番組がやっているか見てみてください。番組によっては世界数カ国で放送されているので将来、息子が他の国の子供達と交流があった時に話が盛り上がるかもしれません。
【ABC/KIDSのホームページ】http://www.abc.net.au/abcforkids

img_cyu_24nov15_0.jpg
 

もうすぐ2歳になる息子のお気に入りは「Baby Jake」。 赤ちゃんが主役なので、お友達と思っているのか手をふったり、 一緒にリズムをとったり、大声で笑ったりしています。

img_cyu_24nov15_01.jpg
 

そして同じぐらいに大好きなのが「In the Night Garden」。 題名と内容からして夢の中にでてくる、奇妙な?いや、いや、かわいいキャラクター達。 中でも水色の「Igglepiggle」とお花の顔?をしている「Daisy」が大好きで一緒に踊ったり、笑ったりしています。 大泣きしてても番組が始まるとピタッと泣きやんで、すごく、ご機嫌になり集中して見ているので、 私にとっては、ありがたい番組。

img_cyu_24nov15_02.jpg
 

それから「おかあさんといっしょ」系かなあ?と思わせる歌、踊り、ちょっとお勉強コーナーがある 長寿番組「Ready、Steady、Wiggle!」や身近なもので作る工作番組「Mr Maker」は、 子供達にとっても大人気!のようです。息子も、じーっと集中してみていることがあります。

img_cyu_24nov15_03.jpg img_cyu_24nov15_04.jpg
「Ready、Steady、Wiggle!」   「Mr Maker」

ドーナツタイム、オープン!

パラダイスセンターの入口付近に新しく今日(11月19日)オープン。BOOST隣の横幅およそ1.5m位の小さな間口のお店です。ちょっと大きめでデコレーションされたドーナツ専門店ですが、1つがA$6とちょっと高め。でも店員さんが「ドーナツタイムオープン!」と宣伝をし始めると 人だかりになりみんなワクワクした目をしながら購入。COOにはちょっとハードルが高く買えませんでした。でもいつか食べてみたいなぁ。

img_coo_19nov15_01.jpg img_coo_19nov15_02.jpg
 

街を歩くと巻きずしショップにあたる...

和食ブームのブリスベン。特に目につくのがシティ周辺の巻きずしテイクアウトの店の多さです。数百メートルに1軒はある感じ。それぞれ、お値段、メニュー似たような感じですがなかなかどこも人気。たっぷりごはん、中身はアボカド、サーモン、エビ、野菜の天ぷら、フライドまたは照り焼きチキンなどなど。また、ちょっと変わったところでは、スパイシービーフ、タイ風チキン?!など。最近はブラウンライス(要は精白されていないお米ですね。ヘルシー系らしいです。)も定着。日本とは全く違う中身、大きさでびっくりですが、2本も食べるとおなか一杯になり、6ドル以下とお得!ランチは10ドル以上が定番のブリスベンではお勧めです。お試しください。

img_mo_16nov15_01.jpg
 
img_mo_16nov15_02.jpg
 
img_mo_16nov15_03.jpg
 

赤いジャカランダ?

もう11月も中旬、ジャカランダの花が少しづつ散り初めると、今度は燃えるような赤色の花がつく「Illawarra Frame Tree(イラワラ・フレーム・ツリー)」が満開になります。以前、ジャカランダで有名なグラフトンに住む知人がこの花を「赤いジャカランダ」とも言っていました。この花を見ると、ああ、そろそろクリスマスがくるなあ。。。今年も終わりか。。。としみじみと1年を振り返ったりすることがあります。ジャカランダと同様に季節を感じられるこの花はオーストラリアでもゴールドコーストのような東海岸の熱帯地方で見られます。

img_cyu_12nov15.jpg
 

12345678