ページのトップへ移動

個別記事

ゴールドコースト&ブリスベン不動産情報2013年9月27日号

ワイドエステートでは、ゴールドコースト&ブリスベンの不動産情報のメルマガを不定期で配信しております。メルマガ配信をご希望の方は是非、ワイドエステートまでご連絡下さい。

====== 以下は「2013年9月27日号」メルマガのご挨拶文。================

ゴールドコーストの砂川です。いかがお過ごしでしょうか。

日頃からこちらの近況をお知らせしなければと思いつつ、つい日々のことに追われ連絡がおろそかになってしまいました。すみません。。
さて、ゴールドコーストは冬も終わりです。日に日に気温が上昇し、春を飛び越えて、もう本格的な夏を迎えそうな雰囲気です。
久しぶりオフィスの近くの海岸沿いを歩きましたら、波がキラキラ輝いてとても眩しく、あ~、またゴールドコーストの季節が来たな、と実感しました。

此方では9月7日にオーストラリアの総選挙がありました。大方の予想通り野党保守連合(自由党&国民党)が労働党を破り6年ぶりに政権を奪回しました。
各政党の違いは極めて簡単。保守連合はどちらかと言えば経営者よりの考え方、労働党はどちらかといえばその名のとおり労働者(従業員)よりの考え方です。
どの政党が良いかはその時々の時代に決められるものだと思いますが、「あまり経営者をギュウギュウ締め付けると、しっぺ返しが社員にくる」、ということを労働党は分かっいるのかな?と気になるほどこの6年間は経営者にとっては結構大変な時期だったと思います。
ちなみにオーストラリアでは保守連合が政権をとると財政は黒字になり、労働党が政権をとると財政は赤字になるということが過去に何度も繰り返しおこっています。

選挙が終わって、この先よい方向に向かうと市場が反応してか不動産も動き始めてきました。通勤路に幾つかならんでいた「For Sale」という看板「Sold」というステッカーが次々と貼られるようになり、ようやく市況も底値かな?と期待がもてるようになりました。

シドニー、メルボルンの大都市の不動産市況の価格は上昇が顕著になってきています。
先ほどの政権交代時で例えると、主要都市の不動産価格が上昇してくるとブリスベン、ゴールドコーストの価格も上昇に転じるということが過去に何度もおきています。

この時期に一度、ブリスベン、ゴールドコーストの不動産について改めてご検討してみてはいかがでしょうか?