ページのトップへ移動

個別記事

蕎麦屋の「新ばし」

蕎麦好きな私に取って、ゴールドコーストという日本から離れた地で、おいしい蕎麦を食することができたことは、幸せでした。
そのお蕎麦屋さん「新ばし」が閉店してからは、あの味を懐かしむばかりでした。
そこで、先日、日本に帰国したおり、「新ばし」さんが、東京の新高円寺でお店を開いたと聞いて、訪ねてきました。
場所は、地下鉄丸ノ内線の新高円寺駅から徒歩5分。軒先は、タスマニアそばの幟が。

img_haya_01jul13_01.jpg   img_haya_01jul13_02.jpg
【新高円寺にオープンした「新ばし」さん】   【お元気そうでした】

まず、ビールに(本当は日本酒にしたかったのですが、のどが渇いていたので)、定番の出し巻き卵、そして鴨塩を注文、ゴールドコーストでも、酒の肴は、これと決めていましたので、この2品を注文。
そして、しめにせいろそばを頂きました、久しぶりに味あったタスマニアのそば粉を使った手打ちのそばは、格別でした。
また、ゴールドコーストに戻ってきてほしいなと思いつつも、日本での繁盛を祈りながら、お店を後にしました。

img_haya_01jul13_03.jpg