ページのトップへ移動

個別記事

犬の歯磨き、その2

前回の指サックは失敗に終わったのに対して、モモコさんのアドバイスで骨をあげてみたら良いという話。早速、旦那様が近くのブッチャーより仕入れた骨は、はじめ人間ギャートルズ並みの超でかい骨(40cmくらいの牛の脚の骨らしいです)。幸い半分にカットされてありましたが、それでも大きい。キーシャの格闘が始まりました。骨ガリガリ、骨髄部分もガリガリ、とってもうれしそうです。

img_wkimmy_18oct12_01.jpg   img_wkimmy_18oct12_02.jpg
【オイシ〜イ】   【シアワセ〜】

1日ではもちろん食べきれないので、次の日にと、お庭のどこかに隠したい様子。大きな骨を口いっぱいにほおばり、あっちへうろちょろ、こっちへうろちょろと落ち着きのない様子。最終的に穴を掘って埋めたのはいいのですが、骨が大きすぎて、穴に入らず、頭隠して尻隠さず状態です。

早速、歯をチェックしてみると、おおお~、きれいになっているではありませんか。歯磨きより楽チンだし、栄養にも良いし、いいことずくめですが、しかし、ウ★コが固くなり、なぜか1回に出す量が減り、1回のお散歩で3回もちょこちょこっとするようになりました。ウ★コバックをたくさん用意しないと行けなくなりました。