ページのトップへ移動

個別記事

吸血虫Ticksに気をつけよう

先日友人が非常に恐ろしい『吸血虫』に噛まにれそうになりました。
皮膚にしっかりくっつき長い時間をかけて血を吸い、毒をも体内に流し込むTicks(マダニ、または森ダニ)をご存知ですか?Ticksの恐ろしいところは、毒を体内に入れられるとLime Disease (ライム病) という、非常に重い病気にかかる可能性があることです。また、吸い付く力と足の力が非常に強く、焼き殺す以外死なないとも言われています。(下手にとると頭だけが皮膚下に残り、頭だけでも生きることができるらしいので医者にとっても厄介な虫と言われているとか!)
友人は、首の後ろに何かかさぶたみたいなものが出来ていると思ったらしく、それが虫とは思わず、必死に毟り取ろうとした。しかしそれがなかなか取れなかったため、最後は皮膚からびりびりっと音がなるくらいの強い力で剥ぎ取ったそうです。(感覚的には皮膚が500円玉くらい剥ぎ取られた感覚だったらしい)で、取れたものを見たら、てんとう虫くらいの虫が正体だったのでびっくりしたそうです。
幸い彼女は毒を体に入れられた感じもなく、またTicksの頭だけが残ることも無くキレイにもぎ取れた為ラッキーだったようですが、もし噛まれたら、下手に無理やり取らず、焼き殺すか、医者にアドバイスを頂いたほうが良いとのことです。ほんと、恐ろしい虫がいるものですね。。
皆さん、トレッキングする時は、出来るだけ肌を出さないような格好をしましょうね。
Ticks体験記はこちらです。