ページのトップへ移動

個別記事

ビールカクテル・ジョルジョ流

夏といえばビール、オーストラリア人は、とにかくビール好き(ここ数年は好景気で、ワイン党も増えましたが)。ゴールドコーストの暑さと乾いた空気の中、飲み干すビールの味は格別です、日本で飲むのビールとは、別の飲み物の気がします。この夏にちょっとユニークなビールカクテルをご紹介します。

1.ミントビール..通常ミントビールは、ミントのリキュールを入れるようですが、我が家では、裏庭にある自前の畑でとれた新鮮なミントをチョキンと切ってきて、ビールを注いだグラスに入れます。

【自前の畑にあるミント】
img_jo_04dec09_01.jpg

【新鮮なミントをそのままグラスへ】
img_jo_04dec09_02.jpg

爽やかなミントの香りが広がり、キンキンに冷えたビールに、良く合います。好みで生姜を切って入れてください。

2.レッドアイ・ジョルジョ流...レッドアイは、ビールにトマトジュースを入れる代表的なカクテル。もともとトマトジュースは好んで飲んでいましたが、20年ほど前に仕事でご一緒した人が、飲んでいて、試してみたところ、すっかり病みつきになりました。アルコール分が抑えられるので、昼間に飲んだり、良く飛行機の中でも飲みました(トマトジュースなのでビタミンも豊富)。

【レッドアイ】
img_jo_04dec09_03.jpg

最近は、トマトジュースの代わりに、野菜ジュース、V8を入れます。これが結構いけます、お好みでレモンを絞って入れてください、レッドアイのジョルジョ流です。