ページのトップへ移動

個別記事

友人とクリスマス

毎年、この時期になると、「クリスマスまであと何日!」風のコマーシャルがTVや新聞に溢れ、街はクリスマス一色に染まります。週末はクリスマスショッピングと友人とのキャッチアップに明け暮れ、日本で言う『師走』のように慌ただしい日々がクリスマスまで続きます。

img_momo_15dec09_02.jpg私も週末はクリスマスパーティーのはしご!!一番仲の良い友人たちは毎年クリスマスの時期に集まり続けてきて、今年も先日、会が催されました。驚いたことに、毎年、もう20年くらい続いており、知らないうちに(?!)メンバーが結婚して子供が生まれ、その子供たちがもう中学生になっていたり、と毎年集まる人数は減ったり増えたり。多いときは10人を越えますが、今年は特に少なく集まれたのは4人でした。それでも午後早い時間からワインやシャンペンを飲んで楽しくおしゃべりしました。

なぜかクリスマスには、クリスマスボンボンなるものを両方から引っ張り合い、中から出てくる帽子をかぶり、Jokeを読むと言う習慣があります。このしきたり?の理由を参加者に聞いたのですが、誰も知りませんでした。写真で皆がかぶっているは、それです。この日のメニューは、アペタイザーにサンドライドトマト、オリーブ、アボカド系のディップ、メインはチキンとシーザーサラダでした。

【私の大切な友人達】
img_momo_15dec09_01.jpg

海外に住んでいると友人の存在は、大変ありがたいもので、病気のとき、落ち込んでいるときをはじめ、何かあると集まってがやがやしております。昨今それぞれが仕事や家族の都合で時間が取れないことが多くなってきており、クリスマス前に集まるのもなかなか調整が取れないこともありますが、年に一度のクリスマス。歳を取って歩けなくなるまで集まり続けよう!と一致団結し友情を更に深めた(!)クリスマスの午後でした。