ページのトップへ移動

個別記事

ゴールドコースト砂嵐

DSCN1141.jpg先週末の天気予報では今週は晴天の日が続き気温が30度との予報でしたが、なんと昨日は「赤い砂埃」がゴールドコースト一帯を包み込みこみました。
朝方、遠方の景色を見ていると「曇っていて雨でも降るのかな?、やっぱりここの天気予報はあてにならないな」と思っているとその雲が見る見る近づいてきてよく見るとなんと粉塵でした。そして、あっという間に周りはオレンジがかった色に。ゴールドコーストに20年以上も住んでいますが、こんな体験は初めてです。今朝一番で新聞をみるとオーストラリアの内陸にある砂漠が大変乾燥しており鉄分を含んだ砂粉が気流にのってシドニーやゴールドコーストに舞い降りてきたとのことです。シドニーも大変な影響を受けたようで、久々に驚きました。暫く続くのかな、と心配していましたが、本日は昨日を打って変わって青空の広がる天気となっています。最近乾燥した日が続いていますが、ゴールドコーストはやっぱりこういう天気でなければ!!