ページのトップへ移動

個別記事

鍋のおいしい季節がやってきました

img_giorgio_hotpot_090601.jpgそろそろ6月になりゴールドコーストは、日中は23度ぐらいですので、寒いとは感じることはありませんが、夜は少々冷え込んできました。我が家ではこの季節になると、鍋の季節となります。日本の様に、雪が降ったりすることはないのですが、長年この地に住んでいると、すっかり毛穴が開き、寒さを感じるように身体が変化してしまいました。

今日は、お勧めの『豚肉とキムチのちげ鍋』を紹介します。この鍋は韓国風の料理です。チゲとは、コチュジャンを加えて煮込んだ鍋のことです。コチュジャンは韓国料理では欠かせない唐辛子の味噌です。もち米に麹を加え糖化させ、粉唐辛子を加えて、半年以上ねかせて作るそうです。

【材料】
1.豚ロース薄切り肉
2.白菜キムチ
3.豆腐
4.長ネギ
5.生しいたけ
6.えのきたけ
7.春菊
8.ごま油
9.だし汁
10.コチュジャン

以上の材料です。
作り方は鍋ですので、適当にお好みで入れてください(順番等はありますが、ダイナミックにお好きなように)。ゴールドコーストでは、前述の材料がそろうのですか?と質問が来そうですが、最近は中国人や韓国人が経営している食材店があるので、揃います。

春菊は我が家の畑で取れますが、なければなくてもOK。また、えのきたけは、最近現地のスーパーマーケットでも(ENOKI)として売っています。そして、土鍋や卓上コンロも日本食材店で売っています。

しかし、初めて来た20年前と比べるとなんと便利になったことか、感動です。日本から遠く離れたこの土地で鍋を楽しみながら、日本酒やビールを飲めるなんて有難い、ゴールドコーストは食生活の面でも、住みやすい場所です。では、頂きます。