ページのトップへ移動

個別記事

オセアニア相撲選手権での和太鼓パフォーマンス

Img_momoko_sumo090601_01.jpg5月の初めに、和太鼓のお話をいたしましたが、今回は第2弾。なんと、オセアニア相撲協会主催のお相撲チャンピオンシップ(公式戦だそうです。)の試合前の演奏に呼ばれて行ってまいりました。タラバジャラクリークにある大変立派なリクレーションセンターと言う施設(QLD州政府管理)にて、簡易土俵が作られ、男性女性両方参加の大会でした。

我々太鼓組は土俵の横に太鼓を置いてのパフォーマンスで、今回はお客様の数も多く(私達を見に来た、と言うわけではないのですが選手も含めて100名近い方がおいでになって。)またまた大緊張。リハーサルではバチを飛ばすなど、あー、どうしよう…状態でした。が、まあ始まってしまえば皆と一緒に太鼓を叩くだけ。リーダーの二瓶さんのリードを聞きながら、ひたすらリズムキープで目の前の太鼓を見つめて叩きました。

Img_momoko_sumo090601_02.jpg

あっという間の4分の演奏。終わってすっきり、が和太鼓の良いところです。あの時は、ああやって打てばよかった…などの反省点は又又多いものの、会場一緒になっての3、3、7拍子で盛り上がり相撲の本番に無事バトンタッチ。

Img_momoko_sumo090601_03.jpg

リクレーションセンターは海も、川も近く、宿泊施設もあるそうで、当日は空手の練習なども行われており、ゴールドコーストのスポーツ施設の充実さ加減に改めて驚くばかりです。相撲、という日本の国技がまさかこの国でこんなにきちっと大会なども行われているとはこれも驚き。20年もここに住んでいたのに知らなかった。総領事もいらして、来賓席に座っていらっしゃるし、これも和太鼓に参加するようになり、初めて知った『外国で感じる日本の文化』です。
お客様の中には前回のワークショップにも来てくださった方が数名いらして、日本文化のファンが多いゴールドコーストを改めて知ることができました。海外で日本の文化を皆さんに感じていただく役目を、自分も楽しみながらこんな風に果たすことが出来ると、ちょっと嬉しい気分です。

次回はなーんとToowoombaまで行ってまいりまする!!レポート、乞うご期待!!