ページのトップへ移動

個別記事

ゴールドコーストは清々しい秋

sya_01may.jpg皆様いかがおすごしでしょうか。ゴールドコーストはここ二週間ほど素晴らしいお天気が続いています。夏も終わり朝夕は風が冷たく感じるようになりましたが、それでも日中は気温がぐんぐんと上昇して、とても快適に過ごせます。先日、バーリーヘッズ国立公園に行き、遊歩道を歩きました。天気がいい日は妻を連れ出し自宅の近辺を散歩するのですが、その日は格別に天気が素晴らしく、早速車をだして公園にむかいました。公園は海岸沿いにあり亜熱帯雨林に覆われた小高い山で一本道の遊歩道は丁度この山を囲むようにしてあります。今回は最初に頂上まで行き、その後海岸沿いをゆっくりと歩くコースを選びました。張り切ってスタートしたものの頂上までの道のりは緩やかな傾斜が続き、それが意外にしんどく、度々呼吸を整える必要があり、途中周りの景色を堪能するどころではありませんでした。来たことを後悔し始めた頃、紺碧の太平洋が目の前にわっと広がり圧倒され、と同時に今までの疲れが一瞬にして歓喜と爽やかさに変りました。眼下に広がる青い海、どこまでも続く白砂のビーチ、遠方にはゴールドコーストを象徴する高層のコンドミニアム郡、耳を澄ますと波の音、鳥の鳴き声が聞こえ、緑をすり抜けたそよ風が頬にあたり、何故か改めてこの地の素晴らしさを実感いたしました。頂上を過ぎると緩やかな下り道になるのですが、道中は感動の余韻、そして常に抱く感謝の気持ちに浸りながら、ゆっくりと歩きました。

皆様も青々とした草木の呼吸と鳥の鳴き声、そして打ち寄せる波の鼓動にあわせ歩いてみてはいかがでしょうか。ゴールドコーストは秋。空気も空もとても清々しいです。

バーリーヘッズ国立公園はサーファーズパラダイスから南に車にて10分程で行けます。近くにはカフェやレストランもありますので、散歩の後に食事などもできます。