ページのトップへ移動

個別記事

ゲコーウォッチ

Img_momoko_babygecko20090430.jpgゴールドコーストを含むトロピカルクィーンズランドには、Geckoと呼ばれる、トカゲ、というか小さいヤモリのようなものが生息しております。彼らは、害虫を食べてくれるし、虫や蛇が苦手なわたくしでも親しみやすい大変かわいい黒い眼をした、ヤモリ君たちです。我が家にも写真のようなGecko軍団が庭先に住み着いており、夏は平均3-4匹が天井にぴたっと張り付いて獲物を狙っている様子をBBQなどしながら眺めたりいたします。

ところで、今ゴールドコーストは初秋。トロピカルクィーンランドの一部とはいえ、朝夕は涼しい日々が続いております。この涼しくなりかかりの初秋に、赤ちゃんGeckoが家の中に住み着いていることを発見しました。体調は約2cm程度。一人前のGeckoの格好をしているのですが、小さい。どうやって餌をとるのだろう。。。と先週そのちびGeckoを見つけた夜、わたくしはなんとワイン片手に小1時間程Geckoウォッチをしてしまいました。その間、Baby Geckoは何度か蚊と小さい虫にアプローチ。しかし、そばまで行くのですが、獲物がふっと逃げる。1度は蚊にかみつく(!)ところまで行ったのですが蚊が振り切って(?!)逃げました。果たしてその夜、彼(彼女?)が何か獲物が取れたかは不明のままわたくしは、野生のBabyは大変だなーと思いながら眠りにつきました。

次の夜会社から戻り、Baby Geckoはどうしたか、気になりすぐに前夜、彼を見つけた場所に行くと、また、おります。じーっと。その夜は、前の日には2匹か3匹いた小さな虫もおらず、蚊もいない。そろそろ秋口だし、餌も減り始めているのだろうか。。。。などと思いながら自分は夕食をとりました。が、又、気になって彼の様子を見に行ったところ、ふらふらーっと蚊が私の後を着いてくるではありませんか?!チャンス!そうだ!ほうきで、この蚊を彼のほうに送ろう、と思ったわたくし。静かに(!)ほうきを振り回し、ふらふら〜と飛ぶ蚊を何度か失敗しながらもBaby Geckoの方に向かわせることに見事(?!)成功。後は彼の実力次第であると考え、その場で様子を見守ること35分。また今日も餌なしぃ?と思い始めたころ、例の蚊がふらふら〜っとBaby Geckoに向かって前進。あっと思ったら、Geckoもすすっと前進、ぱくっ。小さな頭と同じくらいの大きさの蚊を見事に飲み込みました!!!やった。ご馳走様!!

と、今日で7日目のGeckoウォッチ。先週から体はぜんぜん大きくなっている様子はなく、餌が足りないに違いない。。。と思いつつ、ついつい又彼の様子が気になり、毎夜、ワインとほうきを手にGeckoウォッチをする変なわたくし。ゴールドコーストの初秋の夜がゆっくりと更けてまいります。