ページのトップへ移動

個別記事

未来の地球のために

img_giorgio_clock090407.jpg久しぶりのブログ投稿します、ゴールドコーストのジョルジョです。
復帰第一弾は、少々まじめな話をしたいと思います。我が愚息が学校で、地球温暖の一つの原因である、グリーハウスガス(温室効果ガス)排出を抑制する方策として、クイーンズランド州政府が展開しているCLIMATE SMART ENERGYスキームのことを話し始めました、もちろん私はそんなことは知りませんでしたが、興味があったので早速ホームページを閲覧しました。要は、温室効果ガスを抑えるためには、消費電力を少なくするということです。

このスキームに申し込むと電気業者が家に来て、消費電力モニターを設置し、白熱灯を最大15箇所、節電タイプの蛍光灯に交換し、更に節約ということでシャワーヘッドを節水タイプに3つまで交換し、掛かる費用は50ドルです。モニターは、3つの数字を見ることが出来ます。

1.一時間あたりの電気代

2.消費電力量

3.グリーンハウスガス排出量

が表示されます。前回の電気会社からの請求書に、1日あたりの電気代が、4.19ドルと記されていたので、モニターに表示された1時間あたりの電気代に24時間掛けて、いくらになるかを計算します。また、同モニターには、その日の消費電力代が明示されます(累積で、過去1週間、1ヶ月など選択できます)。

消費電力が多いのは、プールのモーター、掃除機、ディスポーザー、オーブン、電子レンジが多いです、熱がでたり、モーターを回すのは電力を消費します、モニターを見ていると、電子レンジをつけると、一気に数字が上がります。また、蛍光灯も、以前は60Wぐらいの白熱灯をほとんど全ての部屋で使っていましたが、蛍光灯は10Wと電力が6分の一です、蛍光灯といっても白熱灯のような柔らかい色のタイプもあり、余り気になりません。

やはり地球温暖化防止のためには、一人ひとりの努力が必要だと感じました。モニターを見ているとどうしても気になり、こまめに電気を消します、いままでどれだれ、無駄な電気を使って、温室効果ガスを排出していたかと反省しています。次回の請求書で成果が出ればと思います。オーストラリアは、自然、地球を愛する国だと感じます。また、何事も、数字を気にして、継続していけばきっと成果がでると感じました、仕事もその気持ちでやりたいものです。

余談ですが、体重を落とすために、毎日グラフをつけることにより、6KGほど減量して、今も維持しています。CLIMATE SMARTENERGYスキームに興味ある方は、下記のホームページをご覧ください。
http://www.climatesmart.qld.gov.au/